×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

産後のニキビは意外とすぐに治る?

こうしたさまざまなニキビの役割は、ふだんから行なわれているので、あまり改めて意識されることはないのですが、とても重要なことです。「笑うときの表情をつくる」――例えば、「出っニキビ」や「受け口」を気にしている人は、人前で笑うときにどうしても笑顔がつくりにくくなっていて、不自然なニキビを与えることが多いようです。肌のときから笑顔をつくることに、臆病になってはかわいそうですね。「呼吸するために利用する」――刺激の強いにきびケアすると、ニキビに吸ったりはいたりする息があたるのを感じるでしょう。ニキビが日元の弁のような働きをして、呼吸の動作に役立っています。「発音するために使う」――ニキビを失ってしまったお年寄りが、入れニキビを外すとごにょごにょと発音が不明瞭になってしまうことから、ニキビが発音のために果たしている役割を理解することができます。

 

そして、「身体に力を入れたり集中力を高めるために噛みじめる」「寝てる間のニキビぎしりでストレスをとる」という二つの働きは、首から上を中心として全身の筋肉や骨格の緊張と弛緩という運動と運動して、集中力を高めたり、ストレスを解消するために欠かせない役割を果たしているのです。これについては、次の項でお話ししましょう。

 

ニキビとストレスは密接な関係があります

 

「ニキビとストレスには大きな関係があります」治療の場でわたくしがこう言うと、不思議そうな顔をする方がほとんどです。ニキビの痛みなどがあれば、ストレスがあることは誰にもわかりやすい話なのですが、ここでは、毛穴のつまりそのものがストレスと大きな関係があることを言いたいのです。それでは、なぜそうなのか考えてみることにしましょう。人間は生まれたときから、お乳を吸ったり、泣き声をあげるために毛穴の動きができるようになっています。お腹が減った、おむつが濡れて気持ちが悪い、暑い寒い、こういったストレスを赤ちゃんは日を動かすことで回避しようとしているのです.

 

ニキビ跡はニキビを潰さないことが予防になる

ニキビには、「身体に力を入れたり集中力を高めるために噛みじめる」「寝てる間のニキビぎしりでストレスをとる」といった働きがあります。スポーツ選手が、力を入れるときに赤ニキビを噛みじめるのも、集中力を高めるための自然な動きなのです。現在では、プロスポーツ選手は、身体能力や集中力を高めるために、毛穴のつまりの治療をすることが常識になってきています。このことは、毛穴のつまりの治療をすることで、競技成績が上がるという実証例が多数あることから、スポーツスキンケアの研究をしている人たちの間でも確かめられています。わたくしも、肌たちの保湿ケアをするなかで、結果的にスポーツなどの成績が上がったという例も体験しています。どうしてこういうことが起こるのでしょうか?全身の開いた毛穴というのは、それぞれバラバラな動きをするのではなく、お互いに関連して動いています。そのため、集中力を高めるときや全身の開いた毛穴が活動するときに、神経回路の重要な通り道のすぐ近くにある毛穴や顔面の毛穴やニキビが引き締まるのです。

 

 

 

寝ている間のニキビの保湿も重要です。ニキビの保湿は脳のストレスを解消しているのです。たとえば、怖いとき、緊張したときなどに、人は全身の筋肉を緊張させて脳へのストレスを発散し、気絶するのを防いでいます。これと同じように、寝ているときは脳が疲労してストレスがたまっていると、脳の一番近くにある日のまわりの筋肉を緊張させてストレスを発散します。赤ニキビをぐっと噛みじめたり、ゴリゴソ動かして、ストレスをやわらげるのです。これがニキビの保湿となるのです。昼寝をしている猫を見ていると、よくわかります。うたた寝できちんと坐ってうとうとしているときにはニキビの保湿はしませんが、ぐったりと横になって寝ているときには、身体は寝ていても脳が働いている状態になっていて、目玉がぐるぐる回ったり日がどにょどにょ動きます。そのとき、ニキビの保湿をして、ストレス・マネージメントをしているのぜす。人間にも同じことが起こります。つまり、適度なニキビの保湿は、脳のストンスをとるために必要なのです。このように、「身体に力を入れたり集中力を高めるために噛みしめる」「寝てる間のニキビの保湿でストレスをとる」といった重要な役割をニキビはもっているのですが、毛穴のつまりが悪いと逆効果になります。

 

おススメニキビ跡ケアの参考ページ

ニキビ跡を消す 凸凹クレーターと色素沈着を消す方法
毛穴のつまりが悪いために、ニキビやニキビ跡、そしてコメドや筋肉、神経などさまざまな部分に余分な力がかかったり、逆に力がかかる部分から力が抜けてしまったりしてしまいます。